博多から大阪へ、新幹線の駅名で楽しむ西日本旅行

福岡県の博多駅から大阪府の新大阪駅までの新幹線を、山陽新幹線と言います。この山陽新幹線、実は半分がトンネルというトンネルが多い路線です。そのため窓からの景色をあまり楽しむことができません。この路線には20駅近いたくさんの駅があります。一度は聞いたことがある地名のついた駅もあるでしょう。いくつかの駅では新幹線内から観光名所を垣間見ることもできます。駅名からその土地のことに思いをはせてみませんか?


福岡県内の停車駅

山陽新幹線の始発駅である博多駅は九州で最も大きな駅です。九州各県に向かう特急列車との乗換駅でもあり、近くのバスターミナルからも、九州各地を訪れることができます。地下鉄を使うと空港まで2駅、中心繁華街である天神まで3駅というとても便利な立地です。

2011年に開業した駅ビル、JR博多シティには阪急百貨店や東急ハンズなどがあり、ショッピングに最適です。博多駅を出発すると、最初の停車駅は小倉駅です。実はこの区間はほとんどがトンネルの中で、あまり景色を楽しむことができません。

小倉駅は大分県や宮崎県へ向かう日豊本線の起点駅です。九州の玄関口でもある小倉駅には、新幹線のすべての列車が停まります。有名な小倉城へは駅から徒歩20分ほどかかりますが、そのほとんどの道のりが商店街の中であるため、雨の日でも気楽に訪れることができるでしょう。

山口県内の停車駅

山陽新幹線の駅のうち、山口県内にはなんと5つも駅があります。福岡県にある小倉駅を出てすぐ、右手にチャチャタウンという商業施設の観覧車が見えると、そのあたりから新幹線はトンネルに潜ります。トンネルの中で県境を越え、トンネルを出るとすぐに新下関駅に到着します。

小倉駅と新下関駅の間は、ほとんどが関門トンネルの中、つまり海中となります。新下関駅は在来線が乗り入れている駅で、3つ先に下関駅があります。下関駅からバスで10分ほどのところに、唐戸市場があります。新鮮な魚介類を楽しめるほか、近くに水族館もあります。

唐戸桟橋からは、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島を訪れることもできます。新下関駅の次は、厚狭駅です。あさ、という読み方がとても印象に残る駅ですが小さな駅で、山陽新幹線の在来線併設駅の中では、最も乗降客が少なく「こだま」しか停車しない駅です。

次は新山口駅です。山口県内にある駅の中では大きな駅の一つです。1時間に最低1本は「のぞみ」が停車します。この駅は2003年までは小郡駅という名前でした。2005年に合併により山口市となった旧小郡町にあったからです。

新山口駅の次は徳山駅です。徳山港のすぐそばにある駅で、夜間通過するときは、港の灯りがとてもきれいです。徳山駅は新山口駅とは逆で、以前徳山市にありましたが、2003年の合併で徳山市が周南市となった現在も、徳山駅という名称のままです。

こちらも大きな駅で、2~3時間に1本は「のぞみ」が停車します。徳山駅の次の新岩国駅は、山陽新幹線の新幹線単独駅の中で、乗降客が最も少ないと言われています。早朝1~2本、「ひかり」が停車しますが、後はすべて「こだま」となります。

有名な観光地、錦帯橋へはバスで15分ほどです。


広島県の停車駅

山口県の新岩国駅の次は、広島駅です。どんな新幹線も必ず停まる、誰もが地名を知っている大きな駅です。新幹線と在来線を乗り換えることができるターミナル駅で、駅前には路面電車である広島電鉄の広島駅電停があり、広島への旅行者にとっては中心となる駅です。

広島駅の周辺には、お好み焼きのお店が集まったビルがいくつかあります。広島駅の次は、東広島駅です。広島駅から近いせいか小さな駅です。東広島駅と次の三原駅、さらにその次の新尾道駅は、早朝か夜に「ひかり」が2~3本停車するだけで、後はすべて「こだま」となります。

東広島駅と新尾道駅は、新幹線単独駅で在来線へのアクセスがあまりよくなく、近くにこれといった観光地もないようです。三原駅は在来線が乗り入れており、駅も三原城の天守台跡と隣り合っています。新尾道駅の次の福山駅は、駅の北側にある福山城を新幹線の中から見ることができます。

福山駅までくるともうすぐそこは岡山県です。

岡山県の停車駅

広島県の福山駅を出るとすぐに新幹線は岡山県に入ります。最初の駅は新倉敷駅です。新倉敷駅は、「ひかり」がほとんど停まらない駅なので、新幹線利用者にとっては小さな駅の印象ですが、実際は在来線との接続駅で、岡山県では岡山駅、倉敷駅に次ぐ乗員数の多い駅です。

倉敷市というと歴史のある町並みが残っている美観地区が有名です。美観地区の最寄り駅である倉敷駅へは、新倉敷駅からは2駅、10分ほどの乗車です。倉敷駅からは徒歩15分ほどで美観地区に着きます。新倉敷駅の次は岡山駅です。

岡山駅も在来線各線が乗り入れしている大きな駅です。新幹線のすべての列車が停車します。2014年には駅から徒歩5分のところに、イオンモール岡山がオープンしました。

兵庫県の停車駅

岡山県の岡山駅を出発してしばらくすると、兵庫県赤穂市へ入ります。次の停車駅は赤穂市の隣の相生市にある相生駅です。山陽本線が乗り入れている駅です。駅周辺にあまり観光地はないようです。相生駅の次は、姫路城で有名な姫路駅です。

姫路城までは徒歩20分ほどかかりますが、北口から姫路城までは一本道で、駅から見えています。天気のよい日ならば、姫路城を目指して歩くと快適です。姫路駅の次は、明石市にある西明石駅です。明石市は瀬戸内海に面していて魚介類で有名です。

また明石焼と呼ばれる玉子焼も有名です。西明石駅から在来線で1駅乗り明石駅に着くと、徒歩3分で海産物の商店街「魚の棚」に到着し、新鮮な穴子や真鯛、真蛸などを楽しむことができます。西明石駅を過ぎると次は新神戸駅です。

新神戸駅は、新幹線のすべての列車が停車する主要駅の一つです。六甲山の山裾に位置するため、トンネルを抜けて新神戸駅に停車し、発車するとまたすぐにトンネルという、トンネルの間に存在する駅です。神戸市の中心街、三宮までは地下鉄で1駅。

また駅から徒歩10分のところに神戸の観光地の一つである異人館通りがあり、明治大正期に建てられた洋風建築を見学することができます。


大阪府新大阪へ

兵庫県の新神戸駅を出ると、新幹線はまたすぐに長さは約16kmの六甲トンネルの中に入ります。新神戸と新大阪の距離が約37kmなので半分近くがトンネルです。このトンネルをやっと出ると、窓の外には住宅街が広がり、やがて大阪の高層ビル群が見えてきます。

大阪府にある新大阪駅はもうすぐそこです。